変わるきっかけ
発見マガジン

【更年期の熱中症対策】塩分チャージはむくむ&太る!塩分チャージの注意点TOP3

【更年期の熱中症対策】塩分チャージはむくむ&太る!塩分チャージの注意点TOP3

本当に最近の暑さはヤバイです!

 

準備不足で外に出かけたら一瞬で熱中症になるかと思いますね。

 

とくに40代をすぎると、自分が思っているよりもカラダは暑さに弱くなっています。

 

ハンディ扇風機とか冷えタオルとか色んな暑さ対策グッズでしのぐ人もいれば、塩飴とか塩タブレットとか食べる系の対策をする人もいます。

 

昔はポカリかアクエリしかなかったように思うのですが、今は色々あって助かります。

 

ただね、塩分摂取系のお菓子って美味しくないのが多いんですよ。

 

そんな中、他の商品と一線をかくして美味しいのがあるんです。

 

それが”塩分チャージ”

 

これはもうパクパクいけちゃいます!

 

でもいったらいけないんです!

 

特に更年期の方は要注意!

 

更年期症状との相性は最悪です。

 

かといって、熱中症にはなりたくない。

 

そこで今回は更年期専門ブランドのオアディスワンが更年期の方が気をつけるべき”塩分チャージ”の注意点について解説していきます。

 

ポイントを押さえて夏を乗り越えましょう!

 

 

熱中症対策にはなぜ塩分が必要なの?

 

まず熱中症ってどういう状態かご存知でしょうか?

 

熱中症はカラダから熱が放出できなくなって、体温が高い状態のままになり、神経や臓器に異常が起こっている状態です。

 

症状には軽いものから重いものまであるので、全てが重篤な状態というわけではありません。

 

ではカラダから熱が放出できないというのはどういう状態なのでしょう?

 

汗は蒸発するときにカラダの表面の熱を奪っていってくれるので、人はカラダが熱いと汗をかいて、その汗を蒸発させて熱を放出しているんです。

 

つまり、熱を放出できない状態というのは汗をかけなくなっている状態のことです。

 

汗をかけなくなる一番多い理由は単純にカラダの中に汗の材料が足りていないから。

 

汗ってしょっぱいですよね。

 

しょっぱい理由は汗には水分だけじゃなくて塩分も含まれているからなんです。

 

だから、熱中症対策には汗をかく準備として、水分と塩分の摂取が必要とされています。

 

ちなみに塩分はカラダの中で神経伝達や筋肉機能に欠かせない存在であり、体内では一定の濃度にしておく必要があるそうです。

 

過剰にあっても高血圧の原因とかになるのに、なかったらなかったで困るとはやっかいな存在ですね。

 

熱中症になりかけている更年期女性

更年期にとって”塩分チャージ”は何がいいの?

 

”塩分チャージ”のいいところはなんといっても味です。

 

私はスポーツ飲料味が好きなのですが、冷えたポカリやアクエリのような爽やかでほんのり甘い味が非常に食べやすい!

 

塩を舐めてるのと変わらないような味の商品とは全然違います。

 

というのは完全に私の個人の意見ですが、他にもいい点があります。

 

”塩分チャージ”には塩分以外にも糖分とクエン酸も含まれていて、運動時に適した設計になっているのです。

 

運動時に糖分はエネルギーとして消費していくので、糖分が含まれていることでエネルギーの補充にも役立ちます。

 

クエン酸は疲労軽減の効果があります。更年期に多い「カラダがずっとだるい」というお悩み改善にも期待できそうですね!

 

また、成分以外の点では、飴ではなくタブレットなので溶けてベタベタすることがない、個包装なので必要量だけ携帯できるなどの利点もあるようです。

 

ただ、塩分摂取系のお菓子全般に言えることかもしれませんが、人によっては味がきついというような感想もあるようです。

 

ところで、世の中には減塩の商品も多くあるように塩分は控えましょうって話もあるけれど、この夏は減塩と塩分摂取のどっちをすべきなんでしょうか?

 

塩分チャージを摂取してスポーツする更年期女性

”塩分チャージ”の注意点TOP3

 

こんなことを聞いたことはないでしょうか?

 

「日本人は塩分を摂り過ぎている」

 

味噌味や醤油味など日本人は塩分の高い食事を好む傾向があるそうです。

 

WHOの推奨が1日5g未満とされているのに、日本人の平均摂取量は1日9g以上らしいです。

 

そんな日本人がいくら暑いからといって、塩摂取系のお菓子をパクパク食べていいのでしょうか?

 

答えはNoです。

 

ただし、熱中症になる人の数が増えてきてるし、対策として有効なことも事実。

 

注意点を押さえたうえで、活用しましょう。

 

というわけで、注意点TOP3です!

 

第3位
スポーツドリンクと併用しない

 

スポーツドリンクにも塩分は含まれています。

 

併用して飲むことで塩分の過剰摂取となってしまうおそれがあるので、併用して飲むことは避けてください。

 

また”塩分チャージ”1粒あたりには0.1~0.2gの塩分が含まれていますので、汗をかきやすい場合でも1日に2~4粒にしておくべきだそうです。

 

第2位
汗を多くかくことがなければ摂取しない

 

日本人の食生活はそもそも塩分が多いと言われています。

 

炎天下の元での作業や激しいスポーツで多く汗をかくのであれば、食事以外に塩分を摂取する必要があるかもしれませんが、そうでなければ塩分系お菓子を食べる必要はありません。

 

多く汗をかかないのであれば、水分の摂取だけで十分です。

 

第1位
糖分を控えなければいけない人は摂取しない

 

”塩分チャージ”だけでなくスポーツ飲料もそうですが、糖分が含まれていますので糖尿など糖分を控えるべき人は摂取しないでください。

 

さっき書いたとおり、エネルギーとして消費されることを想定して糖分が入っています。

 

基本的に炎天下の元での作業や激しいスポーツが想定された設計なので、汗を多くかくことや体力を消耗することのない人が食べれば塩分も糖分も過剰に摂ることになってしまいます。

 

更年期の方からすれば、塩分はむくみを、糖分は更年期太りをそれぞれ悪化させることになります。

 

ご自身の運動レベルに合わせて食べるかどうかはご検討ください。

 

塩分チャージを摂取して積極的に外出している更年期女性

まとめ

 

では今回の話をまとめます。

 

熱中症予防には水分と塩分が必要

 

”塩分チャージ”は美味しくて、スポーツに適している

 

食べるかどうかは運動レベルに合わせて考えてください

 

熱中症対策に塩分をとるのは効果的だといえる一方で、とりすぎは良くありません。

 

塩分チャージは美味しいのでお菓子がわりに一日の中で4つ5つと食べすぎてしまっている方も多いのでは?

 

とくに、更年期は女性ホルモンの減少によって血圧が上がりやすい状態です。塩分チャージで塩分をとりすぎると、さらに高血圧のリスクが高まるので注意してください!

 

私たち更年期専門ブランドオアディスワンは更年期の方の様々な悩みに応える商品を開発、提供しております。

 

今回出てきました更年期の方によくあるお悩みである「むくむ」「太る」についても改善方法を提案することができます。

 

また他のお悩みにも対応いたします。

 

300名以上のお客様にご協力いただき、更年期のお悩みのパターンをまとめた

 

【7大更年期パターン】

 

が大好評です。

 

チェックリストもあるので、ぜひ一度読んで見てください。

更年期の方300名以上から作成した7大更年期パターン

オアディスワン OR THIS ONE

オアディスワンは体質改善のためのブランドです。「おきかえる」をコンセプトに、普段の生活の何かひとつを置き替えることから始める体質改善を皆さんご提案しています。

関連する記事たち